What’s AFF?

むなかた
~ARTS for the future~とは

出演アーティストと音楽を楽しみながら環境問題を学ぶプレミアムな企画!「宗像フェス」への出場権を懸けたライブパフォーマンス、高校生のフラワーアレンジメントコンテスト!新型コロナウイルス感染拡大防止を最大限に考え小規模の参加者と動画配信のハイブリッドで開催エンターテイメントの未来が楽しめます。

宗像フェス社会貢献事業

・宗像フェスが考える社会貢献
2012年宗像大社秋季大祭の前夜祭「みあれ祭前夜祭花火大会」としてスタートした「宗像フェス」は当初より地域の社会貢献を常に目指して開催してきました。毎年、大きくなる野外音楽フェスと連動して、関連事業としても大きくなり日本中からも注目される環境活動を行ってきました。その活動にもっと連携できる企業、教育機関、行政と活動する幅を広げたいと考え2015年に、これまでの組織から独立した「宗像フェスCSR推進実行委員会」を立ち上げる事が出来ました。
宗像フェス設立当初から変わらない、「海の環境問題への取組み」「国際交流事業」「青少年育成事業」を三本の柱にして、多くの人達とエンターテイメントと連動した新しい社会貢献事業を実現しています。
宗像フェスCSR実行委員会 浜田修一

宗像フェスのECO活動

宗像フェスの参加者で海を綺麗に!

宗像フェスは2012年当初より「神宿る島」沖ノ島を世界遺産に、を目指し2017年にその目標を達成しました。沖ノ島を取り巻く海洋環境を守り伝える事が基本の考えとなり、音楽フェスでできる環境問題の解決がないかと試行錯誤して成長してきました。
毎年多くの会場を埋め尽くす来場者のみんなが、海を好きになって欲しいという願いから、主催者、アーティスト、地域の子供達と共に継続的な海岸清掃を行っています。

会場のエコステーションの運営

宗像フェスの会場は、ゴミの落ちていない「日本一マナーの良いフェス」と多くの関係者から評価を頂いています。
その中でも、宗像フェスでは、帝人フロンティアと連携し、地域の学生の協力を得て大量に排出されるプラスティック容器を分別・洗浄して資源化を行っています。
「環境先進音楽フェス」が宗像フェスの代名詞でもあります。

海洋プラスティックからリサイクルグッズ

宗像フェスのグッズ制作には、継続的に海岸清掃で回収される、大量の海洋プラスティックと宗像フェス会場から出るプラスティック容器をリサイクルして利用しています。
スタッフのTシャツ、来場者全員が手にするリストバンド、会場に敷かれるレジャーシートなど、コストより環境を考え他の音楽フェスより、いち早く導入しています。
「自己循環型イベント」が宗像フェスの目標です。

これまでの宗像フェスの環境問題への取組み

2015年
  • 宗像フェス海岸清掃チケット発売
  • 宗像フェスの環境取組み初年度、参加者15名で宗像市北斗の水汲み公園を清掃
2016年
  • 宗像フェスECOチケット活動
  • 参加者100名の規模で、宗像の海岸を清掃後、環境フォーラムを開催
  • 宗像フェス 夢未来アート 宗像市の小学生と福岡教育大学生とで実施
2017年
  • 宗像フェスECOチケット活動
  • 参加者150名の規模で開催、参加者のグループディスカッションも実施
  • 釜山外国語大学との交流事業締結
  • JR九州高速船(高速船ビートル)とパートナー契約
  • 日韓環境交際交流開始
  • 宗像の学生と韓国の学生との環境を通した国際交流事業を開始
  • 宗像フェス キッズダンサーオーディションを企画。宗像フェスの中でC&Kと共演
2018年
  • 宗像フェス広域清掃活動開始
  • 宗像フェス海岸清掃と「スポGOMI」が連携
  • 帝人フロンティアとリサイクルグッズとEcoステーションで連携
  • ポケモンと環境活動で連携
  • 宗像フェスオフィシャルキッズカメラマン、宗像フェスの会場を親子で40名で実施
2019年
  • 宗像フェス日韓同時清掃活動開始
  • 釜山港湾局と連携、韓国側250名、日本側90名で日韓の海岸を同時刻に清掃しLIVE中継
  • 韓国メディアKBSから取材を受け放送された
  • 宗像フェス、日本財団と連携「海と日本プロジェクト」開始

PARTNER